カテゴリ:お仕事( 4 )

ホームページの考え方、あと価格など

c0240742_17564585.jpg

5月に入ってから自社サイトを”OPENしながら更新していく”という、なかなか大胆なことを
やってきていましたが、名刺を配れば配るほど、「あーホームページを見られちゃうか」

「じゃぁ更新しとかないといけないけど、でもなー時間が足りないなぁ。」などといいつつ、
結局後半5日くらいでやっと業務内容を入力できたという状態になっています。

一番悩んだのはTOPページの画像。無難なのにしよう、とか。業務内容が一目瞭然で
わかるようなのにしよう、とか。色々悩んだのですが。

結論「もう何屋かわからなくてもいいから気持ちいいカンジで行こう」ということになりました。

でも、実はこれはいわゆる「結果を出すホームページ」では一番やっちゃいけないことです。

恥ずかしくても気に食わなくても結果を出すには「ベタでもいいから一番伝わりやすい画像」
を使う必要があります。

一番でなくてもそれとなく伝わる画像。基本、そこから離れてはいけないんです。
しかし私はこれでいい。なぜなら、これでいいから。 ・・また改心したら変更します。


そして本題。ホームページの考え方。あと価格などについて書いてみようと思います。
※あくまでも私の独断と偏見、個人的意見です。


そもそも、ホームページって何?というところですが、ホームページとは、インターネット上に
自社の会社案内や、商品紹介のカタログなど、色々な情報を掲載できる「広報係」や
「営業マン」のようなものだと思ってください。

では、ブログや食べログ、iタウンページ、ぐるなびなどとはどう違うのか?という疑問には、
さほど違いはない、と言いたいところですが、わかりやすく言うと、上記のポータルサイトと呼ばれる
場所での情報掲載は、「イベントに出展している状態」で自社商品や情報をPRしている状態です。

実際商談になると、相手はやはり自社がどこなのか?を気にすると思います。
来社していただいてお話を進めないといけない。ここで会社がないとあれ?となりますね。

誰もイベント会場のブースを「自社社屋」とは言わないはずです。
なので、ポータルサイトに掲載されている情報のページは、「ホームページ」ではありません。


ちなみに今流行りの「facebookページ」を「ホームページ」と仰る方がよくいらっしゃいますが、
あれは「facebookという企業の一部を間借りしているブログ」のようなものです。



いわゆるレンタルオフィスを想像してみてください。それを自社の住所と言えるでしょうか?違うはずです。

レンタルオフィスのサービス会社が業務をやめたとたんに会社の住所を失うのと似て、時折起こる
facebookのエラーや接続障害とともに、「ホームページ」と呼んでいたその場所はとたんに
利用不可となり、情報の発信はおろか、連絡すらつかなくなってしまいます。

facebook自体は非常に優れたサービスですし、私も大好きです!しかし、誰かに完全に
寄りかかる状態でお仕事はできません。不測の事態でもある程度自社でのコントロールが
可能なこと。それがホームページに必要な条件の一つです。

やはりオフィシャルサイトというものは、そういう意味においてもとても重要です。

ホームページは「この場所にこの会社のHPがある」「信頼性」なのです。


自社のホームページ、その中でのそれぞれの役割は、デザインについては「会社の外装」。
コンテンツ(内容)は自社のPR、説明にあたります。

会社の外装については、これは他人がとやかく言うところではない部分が多くあります。
結論「ターゲーットユーザー」からどう見られたいか。ここが一番重要になります。

私としては、質素な外観でも派手な外観でも、特に一般的な概念を外れていなければ、
ここは目的や好みで変更可能な部分ですので、「お好みでどうぞ!」と言いたいところですが・・

業種によって適切な配色は結構限定されていたりします。稀に違うアプローチから成功している
企業もありますが、その場合は綿密にブランディングされている場合が多いので、中途半端に
真似をしないほうが無難です。なにせお金が莫大にかかります。

例えば、不動産のチラシやホームページをご覧いただければ、比較的重い色
(濃い色や落ち着いた配色)が多いことに気づかれると思います。
どれだけ画像が派手であっても、自社のロゴの配色などの部分は重い配色がなされています。
(例外を除いて)

これは、「高額な買い物をするお客様に対して、軽い色では信頼が薄い」という意味が含まれます。
商品やサービスも、気軽なものほど配色は軽く(POPな配色やパステルカラーなどの薄い色)
高級品になればなるほど配色は重く(暗め・濃い目の配色、ダークな色調)となります。

ここのホームページも黒の配色があります。これは軽めだけでは信頼性が薄くなるため、
黒で締めたデザインを選択しているわけです。

※ただ、カラー配色の概念については業種やサービスによって多種多様になるため、一概に
 これが絶対!とは言えません。ぼんやりしちゃいますがケース・バイ・ケースです。


そして、デザインもさることながら一番重要なのは見た目のデザインやイメージではなく
「説明」だったします。
SEO対策と呼ばれるものについても、単にキーワードを入力すれば
OKというものではなく、やはり業務やサービス・商品の説明文が非常に重要な役割を占めてきます。

ホームページでの説明が適当だと「不親切な会社」であったり、「伝わりにくい営業法」
となり、商談に結びつきにくくなります。これはホームページでも実際の業務でも、そこまで
変わらないのではないかな、と思っています。


絶対作らないといけないものなの?という疑問もよく頂戴いたします。個人的には、
下記のような業種・業務内容の企業様はホームページを作る必要はないのでは、
などと思っていたりします。

・取引先や業務内容がかなり限定されており、外販が全く必要のない企業様
・商圏が半径500m以内で、特に新規獲得の必要がないお店・企業様
・昔からのお得意様またはそのご紹介先とのやりとりで成立している企業様
・新規採用の必要性がない企業様


なので、私は作る必要のないお客様に「ホームページを作るべき」とはおすすめしません。

また、会社案内さえ掲載しておけば大丈夫という企業様も多く存在します。
ドメイン・サーバー費用の変動もありますので、2年置きくらいに契約内容の確認はすべき
ところですが、デザイン自体は4年ごとくらいに変更されれば良いと思います。


デザインが古いって何?という疑問も頂戴いたします。これは、これまでお客様の目前の
パソコンの画面が少し大きくなったり横長になってきたり、そういった規格の変化とも
関わりがあります。

比較的大きめで、画面が横長のディスプレイをご利用の方はご理解いただけると思いますが、
ときおり「あら?なんだこのちっちゃいホームページは?」と思うようなコンパクトな
ホームページに出会うことがあると思います。

そのホームページのデザインを「古い」と言い切るのは乱暴ですが、比較的昔に作られた
可能性が高い事は間違いありません。
(特に2010年以前制作のホームページに多く見られると思います)

これは、お客様の画面そのものが変化したことにより、以前のディスプレイの規格では
「正しい」とされてきた大きさが対応しきれなくなってしまった面。

あるいはホームページの担当者自身のパソコンのディスプレイ自体が小さい
(または設定が世間一般の画面の見え方よりも大きく見えるよう設定されている)ことにより、
デザインなどを確認する際に納得行く「見た目」が「世間でのディスプレイの大きさと
違うものを作らせてしまった」結果です。


担当者は満足していても、肝心の「ホームページを確認するお客様」から
きちんと見えない状況ができてしまうのです。これは結構な頻度で発生する悲劇です。


出来れば、1年に1度はホームページについて診断を行ってください。
自社で行う場合は新しい(大きめのディスプレイの)パソコンと古いパソコンで見た目の
変化を確認します。

あるいは知り合いにホームページを見た大きさ、文字の大きさについての感想をもらうと
良いと思います。

「デザインが古い」というのは非常に大雑把な表現です。
「何が古いのか」をしっかり把握する必要があります。


費用はホントのところ、どれくらいかかるものなの?
というご質問を良くいただきますが、ここは正直いわゆる、「ピンキリ」だと思ってください。

ただ一つ言えることは、「安いものにはちゃんと理由がある」ということです。

だけど、「高いからと言っていいものとは限らない」のもホームページの世界。

ざっくり分類して、「ドメイン費用」「サーバー費用」「調査・企画費用」「撮影費用」
「画像加工費用」「原稿作成費用」「デザイン費用」「SEO対策費用」「その他オプション費用」
となります。

「その他オプション」は、ホームページを制作・リニューアルするにあたって制作しなければ
ならなくなったロゴや、イラストや、社外用資料など。
または、ホームページに色々なアクションや機能を追加したい場合などに必要となる費用です。


私の知る限り現在安いホームページは5万円くらいから制作してくれる会社があります。
(なるほどそりゃ5万円だよね!という内容ですが、とりあえず欲しい方にはオススメです)

高いところは色々ありますが、リース契約も含めて100万を越えるホームページの場合は、
ちょっと待って?もうちょっと何社か見積りを取りましょう!と言いたくなるところです。


厳密には会社案内のみで特にこれといった機能追加がない場合は50万~100万円以内。
※ただしページ数が20ページ以内です。

商品販売のサイトでは、こちらは商品点数が30個を越えない場合で、150~200万を
超える金額を提示された時はちょっと要注意です。
(デザインをや商品の見せ方に凝っていたりする場合は別です)

ホームページが高くなる要素としては、「多くの画像撮影が必要」「多くの画像加工が必要」
または「デザインに凝る」「商品点数やサービス内容が多い」「原稿量が多い」「システムの
導入が必要」「ブログや新着情報以外の部分で更新頻度が高い」が主だった要素です。

何にしろ多いということ、デザインに凝るということは高くなる要素です。要注意。

次回はもうちょっと価格について説明してみようと思います。


-------------------------------------------------------------------
伊丹市・尼崎市・宝塚市・西宮市・神戸・大阪
(メールでのやり取り可能なお客様は全国対応可能)

■ ホームページ・WEBサイト企画制作
■ ECサイト構築・運用・管理
■ SEO・SEM リスティング運用・管理
■ デザイン企画制作(Web・書体・印刷・パッケージ)
■ インターネット回線・ISP・移動端末取扱

Find-Key / ファインドキー
代表:misato kinoshita
TEL : 080(4769)4568
info★find-key.jp (★を@に変更してお送り下さい)
WEB : http://findkey.jp/
-------------------------------------------------------------------
[PR]
by Find-Key | 2012-05-30 18:04 | お仕事

愛せないものを売るべからず。

c0240742_0354953.jpg

こんばんは。ファインドキーの木下です。 なにやら不思議な・・
こちらは、徳島・パティスリージュンさんのレンコンタルトです。

レンコンだとー?と思っていたのですが、あなどるなかれ、普通にうまい!!
地元の特産物などを利用した洋菓子が特徴というパティスリージュンさん。

このレンコン、コーヒーというか、キャラメル味というか。想像していたレンコンの
野菜臭さはまったくなく、とにかくシャキシャキしたレンコンの、洋菓子です。

タルト生地にカスタードクリーム、レンコンスポンジケーキ、生クリームの
層の上に、キャラメル?コーヒー味のあっさりとしたレンコンがたっぷりと飾られ、
その上にまろやかな生クリームがぽてっと可愛く乗っています。

それぞれの素材が本当に丁寧に作られていて、「フツウに美味しい・・」不思議なケーキです。

きっとパティスリージュンさんのケーキは、このケーキ以外もすごく美味しいの
だろうと思います。ケーキへの愛が感じられる、そんな味でした。

そう。愛せないものを売るべからず。
これは私が営業を職業とした際、母から言われたもう一つの言葉です。

「好きじゃないもの、興味のないものは売ったらあかん。自分が好きじゃないのに、なんで相手に
 勧めることができるん?伝わるわけがないやろ。」

「仕事は好きな仕事をせなあかん。自信を持って勧められる、好きな商品を売らんとあかん。
 金が儲かるからという理由だけで売ったり、金が儲かるという理由だけで仕事したら、絶対に失敗する。」

なので、【自分が自信を持って勧められる、大好きな商品やサービス】を、売らなければ
成功しないのだと、今でも思っています。

では、なぜ自信を持って勧められる大好きなサービスでなければならないのか。

それは、好きな商品やサービスを売ろうと考えた時、人はその商品やサービスについて、
もっと【深堀り】しようと試みる。もっともっと愛するために、研究し、探求し、
ディテールを追求しようとしますが、

心が【NO】を叫んでいる商品やサービスに対しては、出来る限り何も考えず、淡々と
事が運んでくれるように祈り、深堀りしようとしないのではないか、と思うのです。

潜在的に【深堀り】すればするほど論理的に破綻することを知っているからです。

【深堀り】された商品やサービスは飛躍的な発展を遂げる可能性が高まりますが、
深堀りされてない商品やサービスが発展する可能性はかなり低いので、やはり
目の前の取り組むべき課題が【大好きな商品やサービスに通じるもの】である必要があると思うのです。

世の中に溢れる『自分の仕事を愛する』という言葉は、恐らくそういう意味なのだろう。
と私は解釈しています。

パティスリー・ジュンさんのレンコンタルトは、まさにそんな【深堀り商品】。

原材料のれんこんに使われているのは徳島 鳴門の化学肥料・化学農薬を低減する生産方式
(エコファーマー)長谷川農園で生産された「皮むきアク抜きが必要のない」手掘りれんこんです。

そこへパティスリー・ジュンさんのケーキへの愛が加わって、れんこんのシャキシャキ感
を残したまま、『ちゃんとれんこんでありながら』のスイーツが完成したのだと思います。

食べた時、ガーンと頭を殴られたような、ショウゲキがありました。

こんなすごいものを作り出せる情熱が、うらやましい。

自分が売る商品やサービスに対して、もっと愛情をもてるよう、アンテナをピンと張り、
精進していきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------
伊丹市・尼崎市・宝塚市・西宮市・神戸・大阪
(メールでのやり取り可能なお客様は全国対応可能)

■ ホームページ・WEBサイト企画制作
■ ECサイト構築・運用・管理
■ SEO・SEM リスティング運用・管理
■ デザイン企画制作(Web・書体・印刷・パッケージ)
■ インターネット回線・ISP・移動端末取扱

Find-Key / ファインドキー
代表:misato kinoshita
TEL : 080(4769)4568
info★find-key.jp (★を@に変更してお送り下さい)
WEB : http://findkey.jp/
-------------------------------------------------------------------
[PR]
by find-key | 2012-03-15 22:29 | お仕事

営業力とは、持久力。だと思う。

こんばんは。ファインドキーの木下です。
キーのき、って言いにくい。早く株式会社にしたいものです。

複数の選択肢があり、わりとなんでも良い場合、占いでゲンを担ぎたいのが人情です。
占いでは来年のお盆以降、後株のほうが良いと出たので、そうすることにします。

そうする前に、そうする前の営業活動が重要なわけです。
ファインドキーでは、数年は主に回線業務を主体として活動する予定です。

ゼロからの新規開拓でいきなり利益が出るはずもありません。
まずは既に業務経験があり、わりと確実に利益を上げられる可能性がある事業
からのスタートが良いと思ったわけです。

回線業務とは、主にインターネット回線などのサービス契約を取次ぐ業務です。
「NTTです!」「KDDIです!」「eo光です!」などといってチャイムが鳴る場合、
そういう業務を行っている方の確立が高いです。

最近はすこぶる怪しいトークでアプローチされる方が多く、ついついイジワルで
「そのトークでは取れないよ!!」などと言って断っています。

私の母は私が幼い頃から営業をやっていて、アポ(事前に電話営業)あり、
なしに関わらず、わりとフロンティア精神旺盛に営業活動をしていた記憶があります。

そんな母の大切にしていた営業ノウハウが書かれた本に、母は自筆で沢山書込みを
していたのですが、その一文がとても印象的でした。

「受注件数は営業経験と商品知識に比例する。しかし営業経験や商品知識が少ない場合でも、
 訪問件数を上げることによって、受注件数を上げることが可能である。」

これは営業活動を行った人であれば分かることなのですが、分母を上げれば、
商品知識や営業経験を補えるという、ごく簡単なノウハウです。

また、私が営業という職業に就いたころ母に言われた言葉が、
「どんな場所でもしらみつぶしに回れ」ということです。

母がある商材を売っていた当時、同僚で乗っている電車の駅員さんに営業を
して受注したという逸話を聞いたことがありますが、どんな場所にもチャンスはあるが、
営業をかけなければチャンスはない、という極端な例だと思います。

なので、私は最初に降り立った駅から最初に見えたパチンコ店、その2Fの
街金にまで営業をかけました。

ローンズ○○○と書かれたそのドアを開け、机ひとつ、社長とおぼしき人物と
年配の事務員さんらしき人物に、覚えたてのトークを話しました。

今思えば、顔は赤面。かみまくりで、とても聞けたものではなかったと思います。

ひとしきりのトークを終えた私にその社長さんは、「とにかく、安くなるんやな?」
と言って、判子を押して下さいました。

そのエリアは既にいわゆる「焼け野原」と呼ばれる、何人もの人が同じ商材で回って
すぐのエリアで、到底受注は難しいと言われたエリアでしたが、私はそのエリアで
月間売上2位を獲得して、なんだか表彰された記憶があります。

その頃から始めたのが「何件まわって何件受注したか」を数える行動です。
当時は飛び込み営業という単調なつらい作業を紛らすゲーム感覚でしたが、
この行動はつまり訪問件数に対しての受注の確率を割り出していたのです。

確率は担当するエリアが変わるごとに激変しました。
アタリ(反応)のきつい地域、アタリのやわらかい地域など、様々でした。

あまりにも駅が近すぎると安直な営業マンが多数回っているため、皆さん
アレルギー反応のように営業をいやがります。

この際の確率はものすごく下がるのですが、それでもしらみつぶしにまわると
意外と取れるのです。

それはタイミングであったり、お客様との相性であったりするので、すべての
営業マンが同じ確率になることはないのですが、「自分の確率論」の上では、
「このエリアは70かー(70件に1件受注)」などと言って回るのです。

1件受注できたら、次からは70件、断られることを前提で話します。
ただし、あくまで前提であって、トークは毎回きちんと、真剣勝負で話します。
はなから断られる前提では通じないので、精神力はいりますが真剣に。

多少の誤差はでても、やはりそのエリアでは70なのです。
確率論をもとに営業活動を行うので、その気のないお客様を論破するために
ヒッシになって説得する必要もありません。ただ「必要な人」を探すだけです。

だいたい20件受注できると、その確率論が際立ってきます。
確率をもっと割り出したくなり、さらに頑張るわけです。

その後も営業活動を行う上でこのスタイルは変わっていません。
テレアポであれ、飛び込みであれ、リスト・エリアに対して確率は存在するのです。

そんなわけでまた自分の確率論を探す旅が始まるのですが、果たして結果は・・。
寒いのでどうか高めで!と願いつつ。


-------------------------------------------------------------------
伊丹市・尼崎市・宝塚市・西宮市・神戸・大阪
(メールでのやり取り可能なお客様は全国対応可能)

■ ホームページ・WEBサイト企画制作
■ ECサイト構築・運用・管理
■ SEO・SEM リスティング運用・管理
■ デザイン企画制作(Web・書体・印刷・パッケージ)
■ インターネット回線・ISP・移動端末取扱

Find-Key / ファインドキー
代表:misato kinoshita
TEL : 080(4769)4568
info★find-key.jp (★を@に変更してお送り下さい)
WEB : http://findkey.jp/
-------------------------------------------------------------------
[PR]
by Find-Key | 2012-03-13 10:03 | お仕事

ホームページは現状のまま修正してほしい!

業者は何かというとリニューアルと言ってはウン十万ウン百万だと言ってくるが、
これまで使ってきたホームページを現状のまま修正したい。
そういうご希望をお持ちの企業様はたくさんいらっしゃると思います。

ホームページはお家と同じで、リフォームするよりも新築した場合のほうが安くつく、
という場合もあります。

それでも、予算の関係上現状は現状のままとにかく情報のみ変更したい、という
悩ましい変更点がある場合も、ファインドキーなら対応させて頂きます。

1枚の画像加工からご用命下さい。

また、ご予算に合わせたホームページのご提案をさせて頂きます。
ただ、お客様が「求めているもの」と「価格」が必ずしも一致するとは限りません。
業務に生かせるホームページとの付き合い方から、価格帯と仕上がり、効果までを
ご説明させていただきたいと思います。

独自ドメイン・レンタルサーバー・オリジナルメールアドレスなどのご依頼も
お任せください。ご希望に添ったプランをご提案させていただきます。

また、現在お取引のある制作会社様との折衝も可能です。お気軽にご相談ください。

-------------------------------------------------------------------
伊丹市・尼崎市・宝塚市・西宮市・神戸・大阪
(メールでのやり取り可能なお客様は全国対応可能)

■ ホームページ・WEBサイト企画制作
■ ECサイト構築・運用・管理
■ SEO・SEM リスティング運用・管理
■ デザイン企画制作(Web・書体・印刷・パッケージ)
■ インターネット回線・ISP・移動端末取扱

Find-Key / ファインドキー
代表:misato kinoshita
TEL : 080(4769)4568
info★find-key.jp (★を@に変更してお送り下さい)
WEB : http://findkey.jp/
-------------------------------------------------------------------
[PR]
by find-key | 2012-02-19 04:14 | お仕事


伊丹市のホームページ制作会社。ホームページ(Webサイト)制作、印刷デザイン制作、写真撮影・原稿作成、ドメイン・サーバー管理もおまかせ下さい。


by find-key

プロフィールを見る
画像一覧

リンク

カテゴリ

全体
お知らせ
プロフィール
会社概要
業務内容
お問合せ
お仕事
おいしかったもの
おすすめのお店
オススメグッズ
お役立ちツール
思ったこと、感じたこと
書道・筆文字
ガーデニング
日々雑記
境港・鬼太郎ロードなど
未分類

最新の記事

勇気が湧く 名言・金言・格言..
at 2014-08-11 14:35
勇気が湧く 名言・金言・格言..
at 2013-03-19 01:20
VETRO(ベトロ)オンライ..
at 2013-03-16 14:39
京都 宮津 「富田屋(とんだ..
at 2012-10-21 03:40
境港 【手打ちそば みやべ】
at 2012-09-25 23:49

検索

ブログパーツ

以前の記事

2014年 08月
2013年 03月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月

タグ

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

食べ歩き
花・ガーデニング

画像一覧